Articles

なぜ左利きは稼ぎが少ないのか

左利きの人は不器用だという固定観念がありますが、それは、ハサミ、コンピュータのマウス、手術器具、銃など、右利きに最適化された物の世界に住んでいるという事実と関係があるのかもしれません。 人口の12パーセントを占める左利きの人々に対する差別は、歴史的なルーツがある。 中世には、左利きの作家は悪魔の声帯と言われ、ユダヤ人学者のマイモニデスは、聖職に就けない100の欠点に、左利きを挙げている。

そのルーツはさらに深く、言語にまで及んでいる。 器用であることは熟練であること、あるいは右利きであることです。英語のsinisterという単語の意味は、ラテン語で「左」を意味するsinistraに遡ることができます。 フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、中国語でも不吉な意味合いを持つ言葉である。

左利きの人は、文化的に不利なだけでなく、認知的にも不利であることが判明しています。 都市伝説があり、おそらく1995年の研究結果(最終的にはかなり不確かなもの)に基づいているのですが、左利きの人はより発明的で、その証拠として、過去7人のアメリカ大統領のうち4人が左利きだったという事実が指摘されているのです。

実際、データはその逆を示唆しています。 左利きは認知テストで低いスコアを出し、行動上の問題や学習障害(失読症など)を抱える可能性が50%も高いのです。 また、統合失調症を患っている人は、そうでない人よりも左利きの可能性が高くなります。

左利きの人の経済的な運命について行われたわずかな研究は、ほとんどが、左利きは異常に創造的で前向きであるという説に従ったものでした。 2006年の論文と2007年の別の論文では、左利きの人が右利きの人を上回ることを示し、それぞれ4パーセントと15パーセントのマージンを示唆しました。

その他のストーリー

ジャーナル オブ エコノミック パースペクティブズの2014年秋号で、ハーバード大学ケネディスクールのジョシュア グッドマン助教は、研究を、左利きの人が直面する文書化された障害に一致させる論文を発表しています。 論文「The Wages of Sinistrality: Handedness, Brain Structure, and Human Capital Accumulation」の中で、グッドマンは左利きに関する先行研究の統計的欠点を明らかにし、分析上の突っ込みを入れるために他の数値も紹介しています。 彼は、何十年にもわたって赤ちゃんの人生を追跡してきた5つの縦断的データセット(米国から3つ、英国から2つ)を分析しました。

彼の結論は?

データ: 左利きの人は、右利きの人よりもかなり収入が少ない。 ジョシュア・グッドマン、チャート これは、学校で過ごす年数が1年少ないことによる給与への打撃と同じ大きさです(教育といえば、左利きの人は大学を卒業する可能性も低いのです)。 右利きと左利きの年収の中央値は1,300ドル違うが、男女別に見ると利き手の差はさらに顕著で、男性では2,500ドル、女性では3,400ドルとなっている。 (男性の方が収入が多く、また左利きの人が多いので、男女別のデータでは全体のデータとは異なるギャップが生じます)

この矛盾を説明できるのは何でしょうか。 右利き用に作られたものを前にすると、左利きは身体的に不利になるため、収入が少なくなるのではないかと思われます。 しかし、グッドマンは、左利きの人は肉体労働に従事することが多いことを発見しているので、それは正しくないようです。 むしろ、統計的に見れば、右利きよりも左利きの方が影響を受けやすいという認知上の問題があるからだろう。

なぜそのような不利な点が生じるのかを判断するのはもっと難しく、左利きの明確な原因は1つではないようです。 この特性は、少なくとも部分的には遺伝的なものだと思われます。 母親が左利きである場合、子供は50%左利きになりやすく、その形質は赤ちゃんの脳の構造に由来しているかもしれません。 しかし、これらの事実を説明する、遺伝的ではない説明もある。 左利きの母親を持つ子供は、母親の真似をする傾向が強いだけかもしれないし、ストレスの多い胎内環境が、胎内で左半球の機能を右脳に移行させるかもしれないのである。

では、中世の迫害と現代の賃金差別の間で、なぜ左利きが聖書の時代から残っているのでしょうか。 今回ばかりは、研究によって、左利きは進化的に有利である、あるいは少なくとも何百年も前にはそうだったかもしれない、という結論が説得力をもって示されました。

2005年、Proceedings Bは、左利きが前近代世界で存続したのは、一部の人々が戦闘で優位に立てるからだという理論的な論文を発表しました(通常とは異なる角度からのパンチは、防御するのが困難なことがある)。 研究者のシャルロット・フォーリーとミシェル・レイモンドは、今でも殴り合いで紛争を解決している社会のデータを分析した。 アマゾンに住むヤノマモ族(年間殺人率:1000人中4人が殺される)の22.6パーセントが左利きであり、ブルキナファソのディウラ語を話す人々(殺人率:1000人中0.013人)の3.4パーセントだけが左利きでした。

なぜ左利きがまだ存在しているのかということについては、優雅(すぎるかも)な説明がなされています。 しかし、悲しいことに、最近では、野球、ボクシング、テニスなど、利き手を使うことがあまり期待できない場所でしか、明らかな身体的利点がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。