Articles

アテレクトミー

アテレクトミーとは?

アテレクトミーは、血管形成術に似た低侵襲の手術です。 これは、動脈に蓄積したプラークを切り取るために行われます。 プラークを除去した後、動脈を開いたままにするためにステントを配置することがあります。

なぜそれを行うのですか?

アテレクトミーは、多くのカルシウムを含む硬いプラークが動脈を塞いでいる状況で有用です。 この閉塞を除去することで、動脈を通る血流が回復します。 この方法は、ステントによる治療が困難な血管や、動脈が枝分かれしている場所の閉塞を取り除くのに特に役立ちます。

  • 回転するシェーバーを搭載したカテーテルを、鼠径部の小さな切開創から大腿動脈に導入します。
  • 動脈の狭窄や閉塞を引き起こすプラークは、カテーテルの先端にある部屋に集められ、削り取られます。
  • その後、外科医は造影剤を注入し、X線を撮影して動脈に何らかの変化がないかどうかを調べます。 このステップの後、カテーテルは取り外されます。
  • 期待できる効果
    • アテレクトミー手術は準備と回復にさらに時間がかかるため、約2時間で終了します。
    • 数時間は横になったままにしておく必要があります。
    • 入院期間は、すべてがうまくいけば1~2日程度です。
    • 12時間から24時間以内に歩き始めることができます。
    • 運転や運動は、医師の指示に従って、数日後に再開できます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。