Articles

シンガポール

二重国籍シンガポール

不可

シンガポール国籍は、出生、世襲、登録、帰化の4つの方法で取得することが可能です。

シンガポール国外において、合法的に結婚した両親の間に生まれた子供で、その両親の少なくとも一方がシンガポール国民である場合は、特定の状況を除き、出生によって国籍が与えられます。

子供が出生国の外国籍を保有している場合、22歳までにこれを放棄しなければならず、そうでなければシンガポール国籍は失効します。

さらに、シンガポールに永住しようとする21歳以上の人は、申請日以前の12年間に10年以上シンガポールに居住し、善良な人格と国語の十分な知識を持っていることを条件に、帰化証明書を申請することができます。

シンガポールでは二重国籍は認められていないため、シンガポール国民になろうとする者は、外国籍を放棄しなければならない。 18歳以降に外国籍を取得したり、保持し続けたりした場合、政府はそのシンガポール国籍を剥奪することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。