Articles

前足を痒がる8つの理由

犬が前足を舐める理由として考えられるのは

1. 退屈

2. ストレス

3. 苦痛

4. 花粉症

5. 食物アレルギー

6. ノミアレルギー性皮膚炎

7. ダニ

8. 細菌・酵母感染症

退屈やストレスから、犬は自分の体やおもちゃ、毛布を舐めることで癒されているのです。 自己満足の行動なので、なかなか直らない習慣です。 犬の注意をそらし、ストレスを和らげるようなことをするのが効果的です。 引っ張り玩具、フードパズル、散歩に行く、新しいゲームを教える、犬の心を忙しくさせる手品などは、通常、古い習慣が問題でなくなるにつれて効果があります。

痛み:足は、多くの理由で痛くなる可能性があります。 爪が長すぎる、または破れている、骨格が狂っているため前足に必要以上の圧力がかかっている、松葉などのゴミ、粘り気のある雑草、足の指の間の砂利の小片、足の指の間に埋まったダニ、冬の道路の塩、熱い舗装、焼けつくような感じを与える芝生の化学物質、成長・腫瘍、さらには癌性病巣などです。

春、夏、秋に犬が足をなめる理由として、花粉症は非常に一般的なものです。 犬を助ける最も簡単な方法の一つは、前足(できれば被毛も)を毎日、たとえ1日2回でもすすぐことです。 ベタジンを使う人もいますが、擦り傷やイースト菌の治療にはいいのですが、皮膚を乾燥させてしまい、それがまた舐める理由になってしまうことがよくあります。 私たちは、他の解決策で愛犬を安心させたクライアントをたくさん持っていますが、それは足がどのような状態であるかによります。 例:

前足がきれいな場合(またはコーンチップ臭がする場合):ウィッチヘーゼル50%+アップルサイダービネガー50%。 コットンに溶液を含ませ、足の指の間を含む犬の前足につけます。 犬を前足から離して、1分ほど自然乾燥させます。

鮮やかなピンク色の前足。 擦り傷がなく、犬が足を触られても痛がらない場合は、2カップのぬるま湯に1/2カップのエプソム塩を入れたシンプルな溶液をフットソークとして使用することができます。 私たちは、犬が過度に足をなめるのを見る第1の理由は間違いなく、しかし、常に食べ物自体が問題であるためではありません。

考慮すべき点がいくつかあります。 食品と花粉症との相互反応、市販の食事に含まれていると思われるものが全く別のものである可能性、そして最後に除去食を開始する必要がある可能性があることです。 実際、除去食は多くの犬にとって非常に有効であり、食物アレルギーを軽減するための唯一の方法であることが証明されている。

ノミやダニは犬にとって非常に刺激的で、アレルギーがひどくなると、血が出るまで皮膚を掻いてしまうこともあります。 ヒゼンダニは皮膚の下に潜るので、いくら注意深く見てもわかりません。

細菌性および酵母性の皮膚感染症は、そもそも犬が過剰に掻く原因となっているものから二次的に発生することがある。 実際、イースト菌と間違えて未治療の細菌感染症は、かなり深刻な事態になることがあります。 細菌感染症は、汚染された水で泳いだり、他の病気のために起こることがありますが、アレルギーを持つ犬が過剰に掻き、皮膚を開いて細菌にとって歓迎すべき宿主にするためでもあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。