Articles

最近の人類史上最も壮大な突然変異

便利な比喩を再利用するために、最初のホモ・サピエンスの2人をアダムとイブと呼ぶことにしよう。 彼らが長男であるあのいたずらっ子カインをこの世に送り出すまでに、200万世紀にわたる進化の過程で、彼の幼児期がどのように展開されるかが決まっていました。 生まれてから数年間は、カインはイブの乳房から栄養を摂ることになる。 カインは4、5歳になると、乳糖を消化するための酵素であるラクターゼの分泌が鈍くなる。 ラクターゼがなければ、乳糖は腸の中で腐敗するだけだ。 カインが乳離れしたことで、アベルは母親の関心を引き、母乳をすべて飲むことができるようになった。 カインが乳離れしたことで、アベルは母親の関心を引き、母親の乳を独り占めできるようになり、兄弟間の対立が抑えられた。 このパターンはすべての哺乳類で同じである。 乳幼児期の終わりには、生涯にわたって乳糖不耐症になるのです。

広告

それから20万年後の紀元前1万年頃、この状況は変わり始めた。 現代のトルコ付近で、ラクターゼ産生遺伝子を永久に「オン」の状態にする遺伝子変異が現れたのです。 この突然変異は、おそらく男性で、その遺伝子が子供に受け継がれたのであろう。 この突然変異を持つ人は、一生牛乳を飲むことができた。 ゲノム解析の結果、この突然変異は数千年の間に、進化生物学者があり得ないと考えていた速さで、ユーラシア全域、イギリス、スカンジナビア、地中海、インド、そしてその間のすべての地点に広がり、ヒマラヤ山脈で停止したことが明らかにされた。 これとは別に、乳糖耐性に関する他の突然変異がアフリカと中東で起 こっていますが、アメリカ、オーストラリア、極東では起きていないのです。

進化の瞬きで、ヨーロッパ人の80パーセントが牛乳を飲むようになった。 (世界的には乳糖不耐症が主流であり、約3分の2のヒトは成人になっても牛乳を飲むことができない)。 そもそも、なぜこのような突然変異が必要だったのかが不明なだけに、この変化の速さは人類の進化を語る上で奇妙な謎の一つである。 乳糖不耐性の先人たちは、その賢さによって、遺伝とは無関係に、病気にならずに乳製品を摂取する方法をすでに見つけ出していたのです。

広告

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの進化遺伝学者マーク・トーマスは、この突然変異が発生したと思われる現代のトルコでは、温暖な気候により新鮮な牛乳が急速にその成分を変化させると指摘しています。 “朝に牛の乳を搾れば、昼にはヨーグルトになる “と彼は言う。

ヨーグルトには、大きな睾丸、威勢の良さ、艶やかな毛皮(少なくともネズミなら)など、たくさんのメリットがありますが、我々の祖先にとって最も重要なことは、牛乳をヨーグルトに変える発酵過程で、砂糖であるラクトースを消費することでした。 だから、乳糖不耐症の人でもヨーグルトを食べることができるのだ。 ヨーグルトから始まり、乳糖をほとんど含まないハードチーズに至るまで、牛乳がトーマスの言う「発酵のはしご」を上るにつれて、より多くの乳糖が発酵されるようになるのだ。 パーティーで、誰かが “それは食べられない、乳糖不耐症なんだ “と言ったら、”黙れ、パルミジャーノを食べろ “と言えばいいんです」と彼は言う。

広告

ユーラシアとアフリカの一部の土器の分析から、人類は乳糖耐性が普及する何千年も前から、乳製品から乳糖を発酵させていたことが判明しました。 もし私たちが乳製品を数時間から数日放置するだけで摂取できるのであれば、進化によって乳糖耐性変異がまったく、ましてやこれほど強力に伝播したとは思えません。 文化はすでに私たちの生物学を回避する方法を見つけ出していたのです。 自然淘汰がミルクを飲むことを促進した理由を説明するために、様々なアイデアが飛び交っていますが、進化生物学者はまだ困惑しています。

「私はおそらく世界中の誰よりも、乳糖耐性の進化に取り組んできました」とトーマスは言います。 「なぜそのような利点があるのか、十分な情報と賢明な提案をたくさんすることができますが、私たちにはわからないのです。 この数千年の間、とんでもなく高い淘汰の差、まさに狂気の沙汰です。”

広告

「高い選択差」というのは、ダーウィン的な婉曲表現のようなものです。 牛乳を飲めない人は、繁殖する前に死んでしまいがちだったということです。 せいぜい少子化や病気の子供を産む程度でした。 このような生死を分ける淘汰の差は、突然変異がユーラシア大陸を駆け巡り、アフリカでさらに速く広がったことを説明するのに必要だと思われる。 不適合者は、乳糖不耐性のゲノムを墓場まで持っていったに違いない。

牛乳は、それだけでなぜか命を救ってくれたのです。 牛乳は単なる食べ物であり、他の多くの栄養素やカロリーの源の一つに過ぎないのに、これは奇妙なことです。 薬ではありません。 しかし、人類の歴史には、食生活や環境が病気の流行と同じような状況を作り出した時期がありました。 そのような状況下では、牛乳は救命薬としての機能を果たしていたのかもしれない。

広告

人類が農業を発明した時代の記録は残っていないが、もしあれば、悲惨な物語が語られているはずである。 ジャレド・ダイアモンドの言葉を借りれば、農耕は「人類史上最悪の過ち」であった。 それまでの狩猟と採集という栄養のシステムは、多様な食材を必要とするため、健康的な食生活を保証するものであった。 しかし、そのために私たちは根無し草のような遊牧民になってしまった。 農耕は安定をもたらす。 そして、自然を人間を生産するための機械に変えてしまった。 しかし、その代償は大きかった。人類は、安定した栽培方法を知っているわずかな作物に依存し始めると、集団としての健康が損なわれてしまったのだ。 新石器時代の最初の農民の遺骨には、虫歯、貧血、骨密度の低下などの顕著な徴候が見られる。 平均身長は5インチほど低くなり、乳児死亡率は上昇した。 壊血病、くる病、脚気、ペラグラなどの欠乏症は深刻な問題であり、全く不可解なものであっただろう。 私たちはまだこの変化を引きずっている。 心臓病、糖尿病、アルコール中毒、セリアック病、そしておそらくニキビさえも、農業への転換の直接的な結果なのです。

一方、農耕の分身である文明は、人々に初めて都市での生活を強いるようになり、そこは感染症が急速に広まるには最適な環境でした。 このような苦難の時代を生きている人は、今までと状況が違う、あるいは違う可能性があるなどとは思いもよらないだろう。 疫病は、何千年もの間、私たちが泳いできた水だったのだ。

乳糖耐性突然変異が定着したのは、このような恐ろしい状況下でのことだったのです。 移住のパターンを復元してみると、ユーラシア大陸に押し寄せた乳糖耐性の波は、牛乳を飲まない近隣の人々よりも健康な後世代の農民たちによって運ばれたことが明らかである。 農業と文明が発達した地域には、必ず乳糖耐性が生まれた。 農業と乳製品が西洋文明のバックボーンになったのである。

しかし、なぜ牛乳がそれほど有益であったのか、その理由を明確に知ることは難しい。 家畜化された作物の最初の波にはなかった栄養素が牛乳にはあったのかもしれません。 初期の仮説では、乳糖耐性とビタミンDやカルシウムの欠乏を関連付けるという、おそらくは正しくないものがあった。 乳糖不耐性のMIT遺伝学者パルディス・サベティは、牛乳が女性の脂肪蓄積を増やし、その結果生殖能力を高め、ダーウィンのフィットネスに直接貢献したと考えているが、彼女や他の人々は、生存中のホモ・サピエンスにとっての牛乳の最大の価値は、新鮮な飲み水を提供してくれることだったのかもしれない、と認めている。 小川や池はきれいに見えるが危険な病原体が潜んでいるかもしれない。一方、健康そうなヤギから出る牛乳は健康そうである。

広告

これらの仮説はいずれも大まかには意味をなしているが、その作成者でさえ完全に説得力があるとは思っていないようである。 「飲料水の議論は、アフリカでは有効ですが、ヨーロッパではそうではありません」とトーマスは言います。 トーマスは、ミルクが食料供給を補ったという説を支持している。 「もし、作物が不作でミルクが飲めなければ、死んでしまう。 「しかし、そこにあるどの説明も十分ではありません。

筋書きはまだあやふやですが、いくつかわかっていることがあります。 文明の勃興は、我々の進化の歴史における奇妙な展開と重なった。 ある古人類学者の言葉を借りれば、私たちは他の動物の体液を餌とする「吸血鬼」になったのである。 農耕と結びついた西洋文明は、その機能を開始するために牛乳を必要としたようだ。 その理由は誰にもわからない。 私たちはなぜ食べるのか、思っている以上に分かっていないのだ。 この謎は単なる学問的なものではありません。 もっと知れば、なぜ私たちと食べ物の関係がこれほどまでに奇妙なものになるのか、何かわかるかもしれないのだ。

とりあえず、神話的なバージョンはそれほど悪くはない。 園では、アダムとイブは木から落ちた果物を集める収集家でした。 農夫のカインと牧夫のアベルは、農耕と文明、畜産と遊牧という二つの未来への道を象徴していた。 カインは栽培した果物や野菜を神に捧げ、アベルは動物の犠牲を捧げたが、フラウィウス・ヨセフスによれば、それは乳汁であったという。 農耕の初期形態は、病気、変形、死をもたらすので、神はアベルの家畜の乳と引き換えに農耕を拒否した。 カインは激怒し、典型的な非道徳的な都市生活者であったため、弟を殺してしまった。 神はカインに追放の呪いをかけ、自分が殺した牧畜民の兄のように地上をさまようようにと命じたのである。 カインと農業は最終的に勝利を収め、人類は農場に支えられた都市に定住することになったが、それはアベルのようになることによってであった。 そして、文明は前進したのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。