Articles

泌尿器科

腎臓結石症は、米国では毎年約500人に1人が罹患しています。 生涯で、男性の8人に1人(発症のピークは40~60歳)、女性の16人に1人(発症のピークは20~50歳)がこの病気を発症します。

2000年には、結石症の患者の管理とケアに約20億ドルが費やされ、この費用は毎年増加しているようです。 腎臓結石症は、米国南東部で2倍多く見られます。これは、温暖な気候が発汗を促し、水分を感知できなくなり、尿量が減少するためと思われます。 しかし、この病気は一生続くものであり、また頻繁に再発するため、多くの患者さんにとって予防は非常に重要です。 結石予防の第一歩は、尿中に含まれるミネラルの種類を知ることです。

ほとんどの尿結晶はカルシウムを含んでいるので、腎臓結石の65~70%がカルシウム系であることは驚くことではありません。 一般に受け入れられているカルシウム結石の分布は、シュウ酸カルシウム(35~70%、一水和物または二水和物のいずれか)、リン酸カルシウム(5~20%、アパタイトまたはブラシ石のいずれか)、またはその両方の混合物(10~30%)である。 純粋な尿酸結石は結石全体の約10%を占め、リン酸マグネシウムアンモニウムの結晶からなるストラバイト結石(別名「感染結石」)は約15%を占めます。 遺伝性疾患であるシスチン尿症は、まれ(2%)ではあるが、腎結石の重要な原因である。

腎臓結石はどのようにしてできるのですか?

  • 結晶は、ほとんどすべての人の尿中に存在します。 これらの結晶は、余分な食物ミネラルを取り除き、水分を保存するための正常な体の反応であると考えられています。 結石形成者の尿結晶は、無害に排泄される代わりに、腎臓内で核形成(成長)および凝集(付着)し、結石形成につながる一連の事象を引き起こします。 正確な生物学的メカニズムはまだ不明ですが、尿結晶を防ぐ方法の1つは、尿中の酸、カルシウム、シュウ酸の量を減らすか、クエン酸やマグネシウムの量を増やすことです。

腎臓結石の再発を防ぐには?

  • 結石予防で最も実績ある方法は、作る尿を多くすることです。 尿の希釈という単純なプロセスによって、結晶は腎臓内に集まることができず、結石を形成することなく尿中を通過していきます。 結石を作る人の多くは腎臓結石の「代謝」危険因子を持っているので(セクションII参照)、特に生涯に2~3個以上の結石を作った人は、結石症の理由をよりよく理解するために代謝プロファイルを取得することを泌尿器科医に相談してみてください。

ページの先頭へ

結石症の危険因子

結石症の危険因子は、一般に非食事性、食事性、尿性に分けられる。

  • 非食事性危険因子

    • 結石のできる家族がある患者は、できない患者より2.5倍リスクが高いといわれています。 長年の研究にもかかわらず、結石症の遺伝的原因はまだ不明であり、この分野ではより多くの研究が必要であることは確かです。 腎臓結石症には、多くの病状が高い関連性を持っています。 慢性下痢症(クローン病、胃ろう、炎症性腸疾患など)、原発性副甲状腺機能亢進症、肥満、痛風、さらには糖尿病などはすべて腎結石症のリスクを高めると言われています。 したがって、結石症の方は、腎臓の健康に加えて、糖尿病、腸の機能、ウエストをしっかりコントロールすることが不可欠です。
  • 食事の危険因子

    • 尿組成は、摂取量、食事、代謝産物の腎調節に影響される。 食事の危険因子には、動物性タンパク質、シュウ酸塩、塩分を多く含む食事が含まれる。 また、カルシウムの摂取量が少なく、尿量が少ないことも結石症の他の食事による原因として指摘されている。 したがって、特に指示がない限り、すべての腎臓結石患者は、1日の動物性タンパク質(特に赤肉)を10~12オンス/日以下に制限し、塩(ナトリウム)摂取量を< 2,400 mg/日まではいかないにしても、3,000 mg/日以下に減らす必要があります。 食事性カルシウム(牛乳、チーズ、ヨーグルト、アイスクリームなど)を1000~1500mg摂取し、毎日2リットル以上の尿を作るよう心がける必要があります。
  • 尿の危険因子

    • 腎臓結石患者の約97%は、「代謝プロファイル」または24時間尿化学で見られる、結石の特定できる尿危険因子を1つ以上持っていると思われます。 これには、高尿中カルシウム(高カルシウム尿症)、高シュウ酸塩(高オキサル尿症)、高尿酸(高尿酸尿症)、低尿中クエン酸塩(低クリット尿症)、および/または尿路感染症が含まれます。 特に生涯で2~3個以上の結石がある場合は、結石症の理由をよりよく理解するために、代謝プロファイルの取得について泌尿器科医に相談してください。

    ページの先頭へ

    診断

    腎臓結石の診断、特に急性結石通過中の診断は、ほぼ完全に既往に基づいて行うことが可能です。 医師は患者の臨床症状、身体検査所見、家族性疾患、過去の腎結石の有無に重点を置く。 救急外来や医師が行う尿検査では、尿中に血液(血尿)や白血球(膿尿)が検出されることが多くあります。 尿の培養によって除外するのが一般的です。 細胞に加えて、尿結晶の存在(結晶尿)により、結石の種類を推定することができる場合があります。 結晶学的な結石分析を得るために、患者さんは結石が通過するまで尿を濾すことが理想的です。 結石の鉱物組成の分析は、泌尿器科医が将来の結石リスクを理解し、食事制限や習慣を指導するのに役立つ。

    腎臓結石の評価では、結石のサイズ、位置、密度、水腎症(逆流性尿)の程度がすべて腎臓結石の管理および治療方法において重要な役割を果たすため、放射線検査が必須である。 腹部と骨盤の非造影CT(コンピュータ断層撮影)は、腎臓結石と尿管結石の診断に適した検査で、あらゆるタイプの結石を高い信頼性で識別することができます。 腹部単純X線写真では、カルシウム、ストルバイト、シスチンのいずれかを含む放射線密度の高い結石(全結石の80%)を示すことがあるが、放射線透過性の尿酸結石を見落とすことがある。 超音波検査は水腎症の同定に有用であるが、結石検出の感度は低い。 静脈性ウログラムは解剖学的な詳細や閉塞を確認するのに有益であるが、技術的に難しく、造影剤を必要とするため、現代の診療では基本的にCTに取って代わられている。 最も典型的な症状は、激しい痛みである。 痛みは通常、突然発生するが、個人差はあるが、数時間かけてピークに達することもある。 痛みは一定であったり、間欠的であったり(コロコロ)、多くの場合、吐き気や嘔吐を伴います。 尿管を通過する結石の位置によって、痛みは脇腹や背中から始まり、鼠径靭帯、膀胱、尿道、睾丸・陰茎へとゆっくりと下方に放射状に広がっていきます。 膀胱壁の中にある尿管に結石があると、排尿痛や頻尿などの膀胱・泌尿器系の症状が出ることがあります。 また、吐き気や嘔吐を伴うため脱水症状を起こしやすく、ほとんどの患者さんが「今までで一番ひどい痛み」と表現します。 多くの患者さんでは、肉眼的(目に見える)または顕微鏡的な血尿(血尿)を認めます。 これは通常、結石が腎臓、尿管、膀胱の内壁を通過する際に、局所的な外傷を受けた結果です。 結石は異物なので、細菌が住み着くのに最適な巣窟となり、尿路感染症は多くの場合、腎臓結石と関連しています。 感染症に腎臓や尿管の閉塞や部分的な閉塞を伴う場合は、緊急に腎臓の減圧が必要です。 さもなければ、感染が腎臓や血流に広がる可能性があります(尿毒症)。 腎盂や尿管の閉塞は結石の通過に伴うことが多く、閉塞が部分的であっても未治療の場合、特に4~6週間以上続くと不可逆的な腎機能低下につながることがあります。 すべての腎臓結石が痛みを引き起こすわけではなく、多くの結石は腹部や骨盤のX線検査で(他のものを探している間に)「偶然」発見されるものです。 時には、顕微鏡的血尿が結石症の唯一の症状であることもあります。

    ページの先頭へ戻る833

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。