Articles

爬虫類。 爬虫類:分類と特徴|動物界

ADVERTISEMENTS:

この記事で我々は約-1.を議論します。 爬虫綱の一般的な特徴 2. 現存する爬虫類の分類 3. 絶滅したグループ 4. 胚膜 5. 特徴

General Characteristics of Class Reptilia:

爬虫綱の一般的な性格を以下に示す。

1. 爬虫類は、表皮の鱗を持つ匍匐性で穴のあいた冷血な脊椎動物である。 外温性(冷血性)で、世界の暖かい地域に多く生息している。 寒冷地にはほとんどいない。 ほとんどが陸生動物である。 世界には約6,000種の爬虫類が生息している。

注意事項:

2.皮膚は乾燥し、荒く、腺がなく、表皮の鱗や甲殻類がある。

3.ヘビやトカゲはスキンキャストとして鱗を脱ぐ。

4.エラによる呼吸をしない。 呼吸は常に肺で行われる。 肋骨は体腔の伸縮を助けるので、両生類より肺呼吸の効率がよい。

5. 頭蓋骨は単顆型,すなわち後頭部の顆が1つである。

補足:

6. ヘビを除き、五趾の肢が2対あり、それぞれに爪を持つ-tetrapodus pentadactyl type-がある。

7. 心臓は2つの耳介と部分的に分かれた心室からなる。 ワニ類では心臓は4室(2つの耳介と2つの心室)である。 腎門脈はあまり発達していない。 赤血球は有核である。

8.腎臓は後腎である。 膀胱が存在する場合もある。 ワニはアンモノテル型。 カメやワニはウレオテリック。 トカゲやヘビはウリコテリックである。

9. 12対の脳神経が存在する。

10. 耳は外耳、中耳、内耳の3つの部分からなる。 ヘビには耳はない。

11. 側線系は全くありません。

12. カメはほとんど植物を食べている。 一部のカメは肉食である。 他の爬虫類はすべて肉食/昆虫食である。

13. 典型的な肛門が存在する。

14. ほとんどが卵生である。 爬虫類はマクロレシタル卵(=ポリレシタル卵)を産む。 卵胎生や胎生である形態もある。

Classifications of Living Reptiles:

ADVERTISEMENTS:

Living Reptiles are divided into the Subclass below.爬虫類は以下のように分類される。

1. 無脊椎動物。

頭蓋は硬い骨で覆われ、側頭部に空洞はない。 カメ目(Che lone, Testudo, Trionyx, Terrapin)-インド河川に生息するソフトシェル・カメを含む。 亜綱

2 双弓類:

補足:

頭蓋骨には2つの時間的空隙がある。 3つの生活秩序が含まれています。

秩序1. Rhynchocephalia 例:Sphenodon(Tuatara)-生きた化石である。

Order 2. 扁形動物亜門 2つの亜門を含む。

(i) Lacertilia亜目(Sauria) 例:トカゲ、例えばChameleon(木トカゲ)、Calotes(庭トカゲ)、Hemidactylus(壁トカゲ)、

注意:

(ii) Suborder Ophidia例:…, Naja(コブラ)、Bungarus(クライト)、Vipera(クサリヘビ)などのヘビ。

第3目。 ワニ類 例:Crocodilus(ワニ)、Alligator(ワニ)、Gavialis(「ガビアル」)。

(i) コドント歯、

(ii) 胸腔内の肺、

付加情報:

(iii) 哺乳類のものに類似した筋肉質の横隔膜と

(iv) 4室の心臓を持つ。

爬虫綱の絶滅したグループ:

ここで重要なのは、以下の爬虫綱の絶滅したグループである。

i. コティロサウルス類。

最も原始的な爬虫類で、初期の両生類に最も近い。 セイモウリアなど、頭蓋骨に側頭窩を持たないものであった。

ii. 魚鱗目。

魚類に似ていて、頭蓋骨に1つの窩があるもの。 ‘

iii. アルケオサウルス類。

二頭身の頭骨を持っていました。 二足歩行をするものもあり、鳥類が誕生した。 また、ブロントサウルスなどの恐竜を生んだグループもあります。

iv. シナプトサウルス類。

頭蓋骨には左右に1つの側頭窩があった。 9550>

爬虫類の胚膜:

爬虫類、鳥類、哺乳類では、発生の過程で胚は胚膜と呼ばれる4つの膜を形成する。 これらは絨毛膜、羊膜、軟骨膜、卵黄嚢である。 そのため、爬虫類、鳥類、哺乳類は羊膜類と呼ばれる。 魚類と両生類はこれらの膜を持たないので、無羊膜類と呼ばれる。

胚と4つの胚膜

爬虫類の特徴:

4つの特徴によって爬虫類は真の陸上動物である。

(i) 内部受精、

(ii) 羊膜が胚を包み、発生中の水環境を提供するため、胚は水環境を必要としない、

(iii) 卵に殻があり乾燥を防ぐ、

(iv) 爬虫類は体に角ばった鱗があって水の喪失を防ぐ、

爬虫類は水性動物である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。