Articles

生理中のセックスとは?

生理中のセックスに関する神話と誤解

生理中のセックスについてよくある誤解は、生理中にセックスできない、あるいはしてはいけないというものです。

性感染症(STD)のリスク

無防備なセックス(コンドームや他の避妊具を使わないセックス)は、性感染症(STD)に感染するリスクを高めます。 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)など一部のSTDは、生理中のセックスでより簡単に感染します。

このリスクを避けるために、避妊のバリア法を使用することができます。 これは、あなたと生殖器の間に壁のようなものを置き、肌と肌の接触を防ぐというものです。

妊娠のリスク

性病に加えて、無防備なセックスは、生理中であっても妊娠につながる可能性があります。 望まない妊娠を防ぐには、コンドーム、ダイアフラム、子宮内避妊器具(IUD)などの避妊具や避妊用ピルを使用しましょう。 どのような避妊方法が自分に合っているかは、医師に相談してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。