Articles

Brooklyn Nets Acquire Landry Shamet, Bruce Brown and Draft Rights to Reggie Perry in Three-team Trade, ブルース・ブラウンとレジー・ペリーのドラフト権を3チームトレードで獲得

BROOKLYN – ブルックリン・ネッツは、3チームトレードでロサンゼルス・クリッパーズからガードのランドリー・シャメットと2020年NBAドラフト2巡目全体57位指名のフォワード、レジー・ペリーのドラフト権を、デトロイト・ピストンズからガードのブルース・ブラウンを獲得しました。 ネッツは2020年NBAドラフト1巡目全体19位サディク・ベイのドラフト権、ガードのザナン・ムサ、ガードのジェイレン・ハンズのドラフト権、トロントの2021年ドラフト2巡目指名権をデトロイトへ、2020年NBAドラフト2巡目全体55位ジェイ・スクラブのドラフト権をクリッパーズへトレードしている。 ピストンズはフォワードのルーク・ケナード、センターのジャスティン・パットン、ポートランドの2023年ドラフト2巡目指名権、デトロイトの2024、2025、2026年ドラフト2巡目指名権をクリッパーズにトレードし、クリッパーズはガード・ロドニー・マグルーダーと現金対価をピストンズへトレードした。

シャメット(180センチ)は、フィラデルフィア(2018-19)とクリッパーズ(2019-20)の2シーズンで132試合(57先発)に出場し、1試合平均24.7分、フィールドショット42.0パーセント、3ポイントレンジ40.2パーセント、9.2ポイント、1.8リバウンド、1.6アシストを記録している。 2019-20シーズン、ミズーリ州カンザスシティ出身の彼は53試合(先発30試合)に出場し、1試合あたり27.4分、フィールドシュート40.4パーセント、3ポイントレンジ37.5パーセント、9.3ポイント、1.9リバウンド、1.9アシストを平均しています。 新人時代のシャメットは、シクサーズとクリッパーズでシーズンを過ごし、79試合(先発27試合)で1試合あたり22.8分、フィールドシュート43.1パーセント、遠投42.2パーセント、9.1得点、1.7リバウンド、1.5アシストを記録、NBAオールルーキー・セカンドチームの栄誉を手に入れた。 シャメットはもともとウィチタ州立大学で3年間(2015~18年)を過ごした後、2018年NBAドラフト1巡目全体26位でフィラデルフィアに指名され、2017年にオール・ミズーリバレー・カンファレンス第1チーム、2018年にオール・アメリカン・アスレチック・カンファレンス第1チーム、2018年にAP通信からオールアメリカの名誉を獲得しています。

ブラウン(6フィート4インチ、202)は、ピストンズで過去2シーズンに132試合(99先発)に出場し、1試合平均23.4分、6.3得点、3.5リバウンド、2.4アシストを記録している。 ルーキーだった2018-19シーズン、ブラウンは74試合(56先発)で1試合あたり19.6分、フィールドショット39.8パーセント、3ポイントレンジ25.8パーセントで4.3得点、2.5リバウンド、1.2アシストのアベレージを記録している。 2019-20キャンペーンでは、ブラウンは58試合(43先発)に出場し、1試合平均28.2分、フィールドシュート44.3パーセント、3ポイントレンジ34.4パーセントで8.9得点、4.7リバウンド、4.0アシスト、1.1スティールを記録し、軒並み統計を向上させた。 ボストン出身の24歳は、もともとマイアミ大学で2年間(2016-18)を過ごした後、2018年NBAドラフト2巡目の全体42位でデトロイトに指名された。”

Perry (6’10”, 250) Mississippi Stateで大学2シーズン(2018-20)プレーし、65試合(49先発)で1試合当たり平均13.4得点、8.6リバウンド、1.4アシストを27.3分間に記録している。 2年生となった昨シーズン、ペリーは31試合に出場(すべて先発)し、1試合平均31.1分で17.4得点、10.1リバウンド、2.3アシストを記録し、コーチやメディアからオールSECファーストチームのコンセンサスを獲得、AP通信からSECの年間最優秀共同プレーヤーにも選出されています。 また、ジョージア州トーマスビル出身の彼は、34試合(18先発)で1試合平均23.9分、9.7得点、7.2リバウンドを記録した2018-19シーズンのプレーでオールSECフレッシュマンチームの栄誉を獲得しています。 ブルドッグスでの活動に加え、ペリーは2019 FIBA U19ワールドカップにUSAバスケットボールチームで出場し、金メダルを獲得したほか、最優秀選手に選ばれ、オールトーナメントチームにも選出された

ムサはネッツで2シーズン49試合に出場し、1試合平均10.7分4.3ポイント、1.9リバウンドを記録した。 2019-20キャンペーン中の40試合で、ムサは1試合あたり12.2分で4.8得点、2.2リバウンド、1.1アシストの平均を記録した。 ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のムサは、もともとブルックリンが2018年のNBAドラフト1巡目で全体29位で指名した選手です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。