Articles

Cantinflas: メキシコのチャーリー・チャップリン

マリオ・モレノ(1911年8月12日-1993年4月20日)は、カンティンフラスとして知られるメキシコを代表する映画俳優、プロデューサー、脚本家である。 メキシコのチャップリンと呼ばれ、1956年の『80日間世界一周』でゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)を受賞し、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムに星が輝いています。

観客はカンティンフラスのユーモアのセンス、特に言葉の使い方に反応した。 彼のキャラクターは、簡単な会話を始めると、誰も彼の言っていることがわからないくらいに複雑にしてしまうことがよくあった。 この話し方はカンティンフリアと呼ばれるようになり、1992年にスペイン学士院によって動詞として辞書に登録された。

この画像は、カンティンフラスとキューバの漫画家・芸術家であるエンリケ・リベロン。 リベロンの論文には、メキシコシティに「俳優の家」(引退した俳優のための避難所)がオープンした日、カンティンフラと初めて会ったことが書かれています。 リベロンは、これはカンティンフラスの個人的なプロジェクトだったとコメントしている。彼は、「偉大な人道主義者で、謙虚で貧しい人々、そしてすべての友人のために正しいことをしようとする不朽の意志で知られている」と述べている。 この写真は、1996年に彼の娘がスミソニアン・アーカイブス・オブ・アメリカン・アートに寄贈したリベロン氏の書類に含まれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。