Articles

Crazy eights

Crazy eights、子供たちに人気のカードゲームである。 基本的な考え方は、最初に自分のカードをすべて共同捨山に出すことです。

最も簡単な方法は、2人のプレイヤーが標準的な52枚の山札から7枚ずつ、2人以上の場合は104枚の山札から5枚を受け取ります。 残りのカードは裏向きでストックとなり、一番上のカードは表向きで捨て札の山になります。

ディーラーの左隣から順番に、各プレイヤーは表向きに1枚ずつカードを捨て札の山に出します。 プレイしたカードは捨山にある一番上のカードとランクまたはスーツが一致していなければなりません。 8はすべてワイルドカードで、いつでもプレイすることができ、プレイした人は次のプレイヤーに好きなスートを指定することができます。 一番上のカードに従えない人、従いたくない人は、ストックの一番上からカードを引き、最終的に1枚を捨山に出せるか、ストックがなくなるまで手札に加えます。

誰かの手札が最後に出されるか、誰も最後のカードに合わせることができなくなると、プレイは終了となります。 出て行ったプレイヤーは、各対戦相手から、その相手の手札に残っているカードの額面の合計と同じ点数を集めます。8は50点、表カードは10点、その他のカードはそのインデックス値で数えます。 ブロックになった場合は、手持ちのカードの合計が最も少ないプレイヤーが、各相手との合計の差を得点にします。 4手のパートナーシップゲームでは、ゲームを終了するために両方のパートナーが外出しなければなりません。

ブリタニカ・プレミアムの購読を申し込むと、限定コンテンツにアクセスできるようになります。

スイッチと呼ばれる展開では、捨て札できないプレイヤーはストックから1枚だけカードを引き、特定のカードには特別なルールが適用されます:

  1. エースは(8ではなく)ワイルドです。
  2. 2を出すと次のプレイヤーは2を出すか、それができなければ、ストックから2枚引いて順番を待ちます。 しかし、2がプレイされた場合、次のプレイヤーは同様にプレイするか、4枚のカードを引いて手番を逃す必要があります。 2がプレイされるたびに、次のプレイヤーが2をプレイできなかった場合に引かなければならない枚数が2枚ずつ追加され、最大8枚までとなります。
  3. 「4」は、「4」をプレイするか4枚のカードを引かなければならないこと以外は、「2」と同じように機能します(最大16枚まで)。
  4. ジャックを出すと、プレイの方向が逆になり、前のプレイヤーもジャックを出さなければならなくなり、再びプレイが逆転してしまうため、そのプレイヤーは手番を失います。 手札が2枚のプレイヤーは、どちらかをプレイした時点で「残り1枚」または「最後のカード」とアナウンスしなければなりません。 ルールに違反した場合(ゆっくりプレイした場合も含む)、ペナルティとしてストックから2枚引きます。 エースで20点、2、4、ジャックで15点、キングとクイーンで10点です。

    この種のゲームの最近の発展は、プレイヤーが新しいルールを作ることができるようになったことです。 さらに発展して、マオと呼ばれるバリエーションでは、新参者はルールが何であるかを知らされず、間違いを犯し、罰則を受けることでルールを学ばなければならない。 この特徴は、eleusis.

    によって提案されたと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。