Articles

Iチーム情報筋: ボストン市警本部長ウィリアム・グロス氏「市長選出馬を強く検討」

BOSTON (CBS) – ボストン市警本部長ウィリアム・グロス氏が市長選への出馬を「強く検討」していると、関係者がWBZ-TV I-Team に明らかにしました。 また、このような事態が発生した場合、「忖度」(そんたく)という言葉が使われることもあります。

グロス氏はボストン警察で30年以上勤務している。「私は彼が警察長官であるのを見てきたし、何度も話をした。 また、”李錬 “は、”李錬 “が “李錬 “を “錬 “に置き換えたものである。

WBZ政治アナリストのジョン・ケラー氏によると、グロス氏は苦しい戦いを強いられている。

激しい抗議運動と警察改革に関する全国的な議論の夏の後、ケラー氏は噂が本当なら、そのタイミングに驚いていると述べた。 Ed Davis: Kill Switch In Every Police Cruiser ‘Would Be A Good Thing’

「改革者としてよりも、警官の警官として知られている警察本部長にとって、ボストンの先進都市での選挙に飛び込むのに悪いタイミングは考えられません」とKellerは言った。

「突然、有色人種の候補者が多くなるようなレースが形成されているようです。」とケラーは言いました。

State House News Serviceによると、ノースエンドの民主党議員アーロン・マイケルウィッツも市長への立候補を考えています。 バスキア展、MFAで初の試み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。