Articles

Mendicant Orders

「乞食する」という意味のmendicareからそう呼ばれる修道会で、設立時に誓約によって個人と同様に共有財産もすべて放棄することを約束した。 しかし、トレント公会議(Session 25, ch.3; Conciliorum oecumenicorum decreta, 753)以来、ほとんどの托鉢修道会は財産の共有が認められ、フランシスカン修道会の共同体的貧困にも教皇の譲歩があった。 例えば、「制度上托鉢僧と呼ばれ、事実上そうである」修道会は、家を所有している教区で「探求」、つまり施しを集める権利を法律上持っている。

托鉢運動は、その起源において、12世紀後半から13世紀初頭の宗教的・経済的状況から発展したものである。 都市経済が徐々に封建制に取って代わると、新しく出現した町やコミューンは、すぐに凝り固まった聖職者と対立し、防衛のために、しばしば懲罰的な手段に訴えて、時には町全体から長期にわたって聖餐式を奪うこともあった。 さらに、豊かなブルジョワジーが発達すると、ジョン・バルデスとリヨンの貧しい人々(waldenses参照)のように、聖職者の豊かさは福音に反すると説く人々に、貧しい層が熱心に目を向けるようになった。 無免許の説教師が貧困を訴えるようになったのと同じ頃、カターリやアルビジェンツのような教義的に危険な運動が南フランスや北イタリアを席巻していたのである。 これらの運動を阻止するために教会の名において派遣された様々な公使、十字軍、宣教師は永続的な印象を与えなかった。しかし、清貧と従順を結びつけるイタリアのフランシス・オブ・アッシジや学問と使徒的熱意を結びつけるスペインのドミニク・グスマンがすぐに同様の答えを見せた。

第4回ラテラン公会議(1215年)とその司牧改革後、ドミニクとフランシスコの兄弟(Fratres、つまり修道士)は、学問的にも司牧的にも大きな影響力を持つ修道会に花開くことになった。 その後、カルメル会(1245年)、オーガスティニア会(1256年)が続き、1274年の第2回リヨン公会議(Session 23; Conciliorum oecumenicorum decreta, 302-303)で承認された4つの托鉢修道会を形成している。 1578年、グレゴリウス13世は他の修道会を托鉢僧として承認した(例.

托鉢は、その始まりから、時々、1350年頃アーマのリチャード・フィッツラフ大司教のような暴動や、13世紀後半にフランスで起こった修道士に対する有名な行動によって傷つけられながらも、教会的な人気を安定的に享受してきた。 1253年、ドミニコ会とフランシスコ会がパリ大学のストライキを支援することを拒否したため、サン=アムールのウィリアムが率いる神学部からの激しい攻撃があった。 しかし、クレメンス4世が1267年に修道士たちの説教、告解、埋葬の許可を教区の同意を得ることなく更新した後、フランスの司教たちによってより過激なキャンペーンが開始された。 サン・アムール家のウィリアムは、修道士が教会の聖職者を世俗と修道士に分けるという神の取り決めを破壊するものだと考えたが、他方、司教たちは、教皇庁が托鉢僧に免除を与えることによって、教会の基本構造に手を加えるとはいえ、司教の司牧に関する権限を実質的に縮小させることになると考えたからである。 この問題は1300年にBoniface VIIIがSuper cathedram (Corpus iuris canonici clementinae 3.7.2; Friedberg 2.) という雄叫びを上げてほぼ解決されることになる。1162-64)で托鉢僧の特権の範囲を限定し、例えば、修道士が説教や告解を聞きたいときは教区から免許を取得するよう命じた。 C. H. Lawrence, The Friars: The Impact of the Early Mendicant Movement on Western Society (New York 1994). J. Sarnowsky, ed…., J. RHRKASTEN, “The Origin and Early Development of the London Mendicant Houses,” in The Church in the Medieval Town (Brookfield 1998) 76-99. J. Mcintyre, “Aquinas, Gratian, and the Mendicant Controversy,” in Proceedings of the Ninth International Congress of Medieval Canon Law (Vatican City 1997) 1101-35, C. T. Maier, Preaching the Crusades, J. Meyendorf, eds, Christian Spirituality: High Middle Ages and Reformation (New York 1987): E. doyle, “A Bibliographical list by William Woodford, OFM: ,” in Franciscan Studies, annual 8 (St. Bonaventure, N.Y.1976) 93-106.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。