Articles

Pulitzer

に続く

The Pulitzer Prize Novelsから歴史的情報をパラフレーズしたものです。 W. A. Stuckey著『A Critical Backward Look』(University of Oklahoma Press: 1981)、特に3-25ページ。 21世紀の現在、ピューリッツァー賞がどのように授与されるかについての情報は、2012年の賞のフィクション審査員を務めたマイケル・カニンガムが『ニューヨーカー』に寄稿した文章から得たものです。 ピューリッツァー小説賞の選考プロセスについて、最近の別の審査員からの情報としては、Salon の優れた文芸評論家、ローラ・ミラーによるこの文章を読むことをお勧めします。 ピューリッツァーは賞の創設に際して、「その年に出版されたアメリカの小説で、アメリカ生活の全雰囲気とアメリカのマナーと男らしさの最高水準を最もよく表現しているもの」に授与されるべきであるとした。 どうやら、コロンビア大学(賞の授与を管理している)の誰かが、この賞が最初に授与される前に、「全体」を「健全」に変えたようだ…そうすれば、選考がいかに歪むか、わかるだろう。 スタッキー氏は、このような厳しいマナーやモラルの基準に従うと、これまでに書かれたアメリカの偉大な小説はすべて失格となり、ピューリッツァー委員会は「日曜学校の図書館にふさわしい」本を選ぶことになるとコメントしている。 私も同感だ。 この基準は10年ほどしか続かず、多くの批評家も反対の声をあげたようです。

1928年以降、賞の条件が変わりました。 新しい基準では、「その年に出版されたアメリカの小説で、できればアメリカの生活全体の雰囲気を最もよく表現しているもの」に贈られることになった。 このとき、混乱が起こった。 アメリカの小説」という言葉が何を意図しているのか、その言葉が選考にどのように役立つのか。 また、アメリカ生活の「全体」をとらえるために、小説は何をしなければならないのだろうか。 この新しい基準は1年間続き、1930年にピューリッツァーは「その年に出版された最高のアメリカ小説で、できればアメリカ生活の健全な雰囲気を最もよく表現しているもの」を選ぶと再定義されたのである。 このように「健全な」という言葉が復活したのですが、正直なところ、スタッキーと私は、最優秀小説と最も健全な小説を選び、それが同じものであると仮定するのは、何か少し難しいことであると同意します。 しかし、これも長くは続かないだろう。

1934年には基準がさらに簡略化され、それまでの文言に代わって「アメリカの作家がその年に出版した、できればアメリカの生活を扱った最高の小説」が選ばれるようになった。 これは2年間続き、1936年には “a distinguished novel of the year “に置き換わる。 何とも奇妙な選択だ。もはや最優秀小説を選んでいるのかさえ不明だが、他の基準は提示されていない。 それなのに、そこに留まっている。 1936年の次に変わったのは1947年で、「小説」という言葉が「本の形をしたフィクション」に変わりました(この切り替えについては、また後ほど説明します)。 2012年現在、使われている定義は、多かれ少なかれ1947年と1934年を組み合わせたものであり(この言い回しがいつ制定されたのか正確には知らないが、調べたいと思っている)、”アメリカの作家による、できればアメリカの生活を扱った優れたフィクションに対する賞 “という言い回しになっている。 長い目で見れば、この基準は決して良いものでも、明確なものでもなく、彼らが決めたものは、(選考を助けるという意味では)ほとんど最悪の選択肢であり、(信じられないほどの自由を与えるので)最高の選択肢でもあると、私は思います。

選考プロセス

当初、コロンビア大学の関係者が定めたプロセスは次のようなものでした:小説家と出版社は、その年に出版されたあらゆるアメリカの小説を推薦することができ、単に推薦状と本のコピーをピュリッツアー委員会に送ればよいのです。 3人の審査員(当時は常に男性だった)が、その人選を秘密にしたまま、小説を審査し、上位3作品に絞るのである。 そして、審査員が投票し、その結果をコロンビア大学に送る。 その小説は、諮問委員会の審査を受け、推薦を受け入れるか、他の適切な作品に差し替えるか、その年の受賞を拒否するかのいずれかに決定された。 1934年までこれが公式のやり方だった(ただし、当時は多くのことが秘密だったので、この手順が毎回厳密に守られていたかどうかは不明)。

1934年、審査員に新しい指示が出された。1作品を「最優秀」として提出するのではなく、複数の小説とそれぞれの作品を選んだ理由を提出し、諮問委員会がそのリストから受賞作を選択することになった。

審査員は一般的にフィクションに少なくとも何らかの専門的な関心を持つ学者で構成されていたが、審査員が現代フィクションの専門家であることはまれであった。 1917年から1974年まで、その間に務めた155人の陪審員のうち、プロの小説家として実際に経験を積んだのは5人だけでした。 たとえば、2012 年のフィクション賞の 3 人の審査員には、受賞歴のある小説家、マイケル・カニンガムがいました。

2012年現在、選考プロセスは、3 人のフィクション審査員による「最終候補」3作品を、カニンガムによれば「ジャーナリストと学者」を中心とする 18 人のメンバーからなるピュリッツアー委員会に提出するというものです。 最終候補に残った3作品に順位はなく、審査員はどの作品が好ましいか(もしあれば)理事会に推薦することもない。 理事会は、3つの最終候補作のいずれかを選ぶことも、4つ目の最終候補作を審査員に依頼することも、他の対象作を選ぶことも自由です(ただし、理事会はこの最後のステップを踏みませんでした-2012年に起こったように、理事会がどの最終候補作も賞に選ばなかったとき、理事会はピューリッツアー賞フィクション部門を発行しないことにしました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。