Articles

Reflexions – Montesquieu, born Charles-Louis de Secondat, baron de La Brède et de Montesquieu (1689-1755)

社会学の先駆けであり啓蒙主義の主要人物であるフランスの道徳家、作家、哲学者。 貴族や判事の家に生まれたにもかかわらず、シャルル=ルイは乞食を名付け親に指名した。貧しい人々も家族の一員であることを理解させようとした両親の配慮である。 法律を学んだ後、ボルドー議会の顧問になったが、すぐに反省を始め、科学、哲学、人間社会に関心を持つようになった。 ペルシア人の手紙』(1721年)は、ペルシア人の旅行者が発見したフランス社会を皮肉たっぷりに描いている。 ヨーロッパを何度も長期航海した後、主著『法の精神』(1748年)を執筆した。 教会から追放され、禁書目録に掲載されるなど、数々の攻撃を受けたが、この本は全ヨーロッパに広がり、大成功を収めた。 モンテスキューはこの本の中で、経済学と社会科学の基本原理を説いている。 また、さまざまな政治体制や制度の論理を説明し、とりわけ立法・行政・司法の三権分立の原則を奉ずる政治モデルを提唱した。 フランスの絶対主義や君主制を批判し、イギリスの立憲君主制にヒントを得た改革を求めたが、それは無駄であった。 モンテスキューの著作は、1789年の革命から生まれた1787年のアメリカ憲法と1791年のフランス憲法に大きな影響を与えた。 三権分立の原則は、近代民主主義国家の基本法の大部分に明記されている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。