Articles

The Brain is 60% Fat? What the FAT?

脳が60%脂肪というのはどこから来たのでしょうか?

脳は宇宙で最も複雑な物体と呼ばれています。無数の実験により、それがどのように、なぜ機能しているかがまだ明らかにされていません。

脳は約75%が水分でできており、触るとゼリーのような感触がします。

脳には痛みの受容体がないため、脳は痛みを感じない。

人間の脳は体の中で最も太った器官で、約60パーセントが脂肪でできている。 コレステロールやその他の脂質が25%です。

私たちの最も重要な臓器の1つに、なぜこれほど多くの脂肪が含まれているのでしょうか。 脳を働かせるために何が必要なのか、パワーという観点から考えてみると、その答えが明らかになります。 あなたの脳は、電球1個分の電力(およそ20ワット)を生み出しているのです。 私たちは皆、脳をほぼ100%使っているのです(10%ではありません)。そして、健康な食生活には脂肪が欠かせません。 脂肪は、脂溶性ビタミンの吸収、ホルモン合成、炎症、体温調節、エネルギー生産など、体内で多くの機能を担っています。 脳はエネルギーの約70%を脂肪、すなわちケトン体のみから得ることができます。 実際、超高齢者では、記憶機能の向上は総コレステロール値および低密度リポタンパク質値の上昇と関連しています(NIH研究)。 研究者らは、高齢者では、コレステロール値が最も高い人に最も優れた記憶機能が観察されることを明らかにした。 低コレステロールは、うつ病や死亡のリスクの増加と関連しています。

私たちの体内で雄弁に働いている良い脂肪、または脂質は、脂肪酸と呼ばれています。 私たちが摂取する脂肪酸の種類によって、大きな違いが生まれます。 オメガ3系脂肪酸は、主にEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)の2種類が必須とされています。 必須脂肪酸は、最適な健康状態を維持するために必要な栄養素です。 体内で合成することができないため、食事から摂取する必要があります。 多くの臨床観察研究では、脂肪酸の不均衡な食事摂取が、脳のパフォーマンス低下や疾病に関連しています。

食事性のデコサヘキサエン酸(DHA)は、網膜と視覚野の最適な機能成熟に必要で、視力と精神発達はDHAを増やすことで向上すると思われます。 基本的には、オメガ3、6、9をバランスよく摂取することが本当に重要なのです。 オメガ3が豊富な食材をたくさん食べれば、残りの栄養素はバランスよく摂取できます。 サーモン、サバ、カタクチイワシ、イワシ、ニシンの頭文字をとってSMASHと呼びますが、どれもオメガ3が非常に多く含まれています。 しかし、牡蠣やエビなど他の魚介類にも、他の必須栄養素と一緒に良質なオメガ3が含まれていることを覚えておいてください。 レバー100グラム(約3.5オンス)には合計609ミリグラムのオメガ3脂肪酸が含まれています。 一方、ステーキにはその量に近いものは含まれていません。

ヴィーガン(卵や牛乳など動物由来の食品を一切食べない菜食主義者)が食事から十分なオメガ3脂肪酸を摂取することは困難です。 ベジタリアンのオメガ3脂肪酸源はALA(α-リノレン酸)しか提供しませんが、これは体が必要とするDHAとEPAに効率よく変換できない前駆体です(これについては多くの議論があります)

コレステロールと脳

ほとんどの人は、私たちの脳に非常に多くのコレステロールがあることについて考えていないでしょう。 コレステロールは、脳の機能にとってきわめて重要です。 脳は体重の約2~3%を占めていますが、体内のコレステロールの25%は脳に存在し、膜機能、抗酸化物質としての働き、プロゲステロン、エストロゲン、コルチゾール、テストステロン、さらにはビタミンDなどを作る原料として重要な役割を担っているのです。 さらに重要なことに、コレステロールは私たちの体の免疫防御の第一線にあります。

脳機能におけるコレステロールの重要な役割に関するこの理解は、現在、スタチン薬の処方に関する推奨事項に変化が見られることから、懸念されるところです。 今後、アメリカでは、コレステロールを下げるためにスタチン系薬剤を服用する人の数が、実際には倍増するのではないかという予測もあります。 これは、脳の健康にとって心配な提案です。

トランス脂肪酸と植物油

アメリカが太り過ぎの国になった理由の1つは、植物油の消費にあります。 つまり、トランス脂肪酸です。未加工の必須脂肪酸の消費量は80%以上も減少しているのに、トランス脂肪酸の消費量は2500%以上も急増しています!

あなたの脳を健康で幸せにしたいのなら、飽和脂肪酸と水素添加脂肪を厳しく制限しましょう

トランス脂肪酸は脳細胞のミトコンドリア(エネルギー工場)でのエネルギー産出を妨害してしまうのです。 トランス脂肪酸が多く、オメガ3脂肪酸が少ない食事をしていると、脳は2倍のトランス脂肪酸を吸収してしまうのです。 植物油というのは業界用語です。 植物油を探し始めると、あらゆるものに含まれています!

Canola

Corn

Cottonseed

Soy

Sunflower

Safflower

すべて消化管に始まり動脈、神経系、その他身体のあらゆる場所に炎症を促進させます。 脂肪を分解してエネルギーにする酵素を阻害することによって、エネルギー生産に影響を与え、腰回りの体重増加を助長します。 細胞膜における過酸化脂質の発生は、膜の物理化学的性質の変化や膜環境に存在する酵素機能の障害と関連しています。 過酸化脂質の過程で内生的に生成されたアルデヒド分子が、過酸化脂質の生成に関与しているという証拠が増えつつあります。 オメガ3脂肪酸の酸化は、4-ヒドロキシ-2-ノネナール(HNE)のような分子を生成し、これが酸化ストレス時に観察される細胞病理学的効果に大きく関与しています(研究はこちら)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。